ufufu diary

ランニングが好きです。Windowsが好きです。

Windows 10(Ver 1511・1607・1703)を展開してみよう!その5(DISMによるOSイメージ化編)

miyunyanchan.hatenablog.com

 

では。ここからOSをイメージ化していきます。

 

1)作成したWindowsPEでsetup後、sysprepしたPC(=マスターPC)を起動します。

 ※メーカー製のPCであれば、何のキーを押せばメディアから起動するのか事前に確認するのをおすすめします。

  なぜなら、sysprep後に誤って起動すると、そのままWindowsが使えるように起動してしまうから!

  またsysprepすればいいんだけどね・・・

  面倒だから確認しておいたほうが良いよ・・・

  数社試しましたが、「F12やF11」が多い気がするね

 

2)コマンドプロンプトを起動し、「notepad.exe」と入力し、メモ帳を起動しましょう。

  「ファイル名を指定して保存」を選択すると、アクセス可能なドライブが出てくるので、以下をメモしましょう。

 

  a)マスターPCのOSインストールしたドライブ名:

  b)OSイメージを保存するドライブ名:

   ※(a)に関しては、Cドライブとは限らないので注意。WindowsPE起動時に認識した順に、Cからドライブレターがふられていきます。また、複数ドライブ構成の場合は、それぞれメモしてください

 

3)コマンドプロンプトに戻り、以下のコマンドを実行しましょう。(1行で)

   Dism /capture-image /ImageFile:bで確認したイメージ保存先とファイル名 /CaptureDir:aで確認したイメージ化するドライブ:\ /Name:”イメージ名”

 

  例:Cドライブをイメージ化し、"C_Win10_1607"というイメージ名で、Eドライブに「C_Win10_1607.wim」というファイル名で保存する場合

  Dism /capture-Image /ImageFile:E:\C_Win10_1607.wim /CaptureDir:C:\ name:"C_Win10_1607"

 

4)数分~数十分でイメージの作成が完了します。

  複数ドライブ構成の場合は、同じように(3)を実行します。

  作成が完了したら「exit」と入力し、WindowsPEを終了します。

 

ここまでで、OSのイメージ化は終了です。

次はイメージを戻しましょう。

 

 

miyunyanchan.hatenablog.com