読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ufufu diary

ランニングが好きです。Windowsが好きです。

Windows 10(Ver 1511・1607・1703)を展開してみよう!その2(ADKインストール・PE作成編)

miyunyanchan.hatenablog.com

 

では早速1台ずつ手動展開するところから。

 

大まかな流れは以下です。

 【1】Windows ADKのインストール

 【2】Windows PEの作成

 【3】応答ファイルの作成

 【4】マスターPC構築

 【5】DISMによるOSイメージ化

 【6】DISMによるOSイメージ展開

 

準備するもの

 ・作業用PC(WindowsADKをインストールします。Windows10が望ましい)

 ・マスターPC・展開先PC(これは同じもの)

 

では詳細を。

【1】Windows ADKのインストール

 1)【作業用PC】にWindows ADKのインストール

 以下のサイトからWindows ADKをインストールします。

 「Windows ADK」とは、大量展開をする際に使用するツール群です。

 以下のリンク先からダウンロードしてください

Windows ADK のダウンロード - Windows ハードウェア デベロッパー センター

 ※作業用PCのWindows10のVersionに合わせて入手して下さい。

  Ver 1703を使用する場合は、Ver 1703のPCを準備します。

 

 2)インストールします。

 インストールする機能として

 「Deployment Tools」

 「Windows Preinstallation Environment(Windows PE)」

 を含めます。

f:id:miyunyanchan:20170307105839p:plain

 

以上でWindows ADKのインストールは完了です。

 

【2】Windows PEの作成

 【作業用PC】でWindows PEを構築します。

 今回はWindows 10 Version 1703で行います

 (ただ、同じ手順でWindows7相当のPEも、Windows 10 Ver1511、1607相当のPEも作成できました)

 

 1)Windows PEの作成先ディレクトリを決定します。

 今回は「C:\ WinPE_amd64\」としたいと思います。

 

 2)Windows PEの作成

 ①「スタート」→「Windows Kits」→ 「展開及びイメージングツール環境」を右クリックし、管理者として実行します。

 

 ②以下右辺に保存先ディレクトリを指定し、「展開及びイメージングツール環境」に貼り付けます。(これ以降は、コマンドは太字です)

  set workdir=C:\WinPE_amd64

 

 ③以下右辺にADKのインストールディレクトリを指定し、「展開及びイメージングツール環境」に貼り付けます。

 set kitsdir=C:\Program Files (x86)\Windows Kits\10

 

 ④以下3行をコピーし、「展開及びイメージングツール環境」に貼り付けます。

 copype amd64 %workdir%
 dism /mount-image /imagefile:"%workdir%\media\sources\boot.wim" /index:1 /mountdir:"%workdir%\mount"
 dism /image:"%workdir%\mount" /get-intl

※そのままコピーして、メモ帳に張り付けて3行か確認してみてください

 それぞれ、

  1行目:copype~

  2行目:dism~

  3行目:dism~

 で始まります。

 

  ⑤PEにインストールしたいドライバの入っているディレクトリを最後に記載し、以下のように実行します。
 (本例では「E:\Drivers\Windows10」)
 ※インストールしたいドライバーがない場合は不要です

 dism /image:"%workdir%\mount" /Add-Driver /Driver:"E:\Drivers\Windows10"

 

  ⑥日本語を組み込みます(8行です。すべて「dism」で始まります。)

 dism /image:"%workdir%\mount" /add-package /packagepath:"%kitsdir%\Assessment and Deployment Kit\Windows Preinstallation Environment\amd64\WinPE_OCs\ja-jp\lp.cab"
dism /image:"%workdir%\mount" /add-package /packagepath:"%kitsdir%\Assessment and Deployment Kit\Windows Preinstallation Environment\amd64\WinPE_OCs\WinPE-WMI.cab"
dism /image:"%workdir%\mount" /add-package /packagepath:"%kitsdir%\Assessment and Deployment Kit\Windows Preinstallation Environment\amd64\WinPE_OCs\ja-JP\WinPE-WMI_ja-jp.cab"
dism /image:"%workdir%\mount" /add-package /packagepath:"%kitsdir%\Assessment and Deployment Kit\Windows Preinstallation Environment\amd64\WinPE_OCs\WinPE-FontSupport-JA-JP.cab"
dism /image:"%workdir%\mount" /set-allintl:ja-jp
dism /image:"%workdir%\mount" /set-TimeZone:"Tokyo Standard Time"
dism /image:"%workdir%\mount" /set-InputLocale:0411:00000411
dism /image:"%workdir%\mount" /set-LayeredDriver:6

 

 

 ⑦指定した保存ディレクトリ以下の、mountディレクトリに、WindowsPE内で使用したいexeファイルをコピーします。

 インストールしたいファイルがない場合は不要です。

 

 ⑧指定した保存ディレクトリを開いているエクスプローラをすべて閉じます。

 

 ⑨DVDブートまたはUSBメモリブートか決めます。

 ・DVDブートの場合

  アンマウントし、ISOファイルを作成します。(1行です)

  dism /unmount-image /mountdir:"%workdir%\mount" /commit
Makewinpemedia /iso "%workdir%" "%workdir%\winpe50_amd64.iso"

 

 ・USBメモリブートの場合

  USBメモリに直接書き込みます。

  フォーマットされますので、必要なデータは事前に退避してください(1行です)

  dism /unmount-image /mountdir:"%workdir%\mount" /commit
   Makewinpemedia /ufd "%workdir%" USBメモリドライブ

  

 

 ⑩ISOファイルをCD・DVDに書き込みます。

 

 以上でWindowsPEの作成は完了です。

では次は応答ファイルを~作成しましょう~

miyunyanchan.hatenablog.com