読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ufufu diary

自由に。今しかできないことを全力で。最近は走ることと、Windowsと。

USMTによるデータ移行(Windows10 Ver1607編)

Windows

今回はUSMT10.0(User State Migration Tool)によるユーザーデータの移行についての備忘録。

 

USMTはWindows10用のWindows ADKWindows アセスメント & デプロイメント キット)に含まれる、ユーザープロファイルの移行ができるツールです。

WindowsADKのダウンロード:

Windows ADK のダウンロード - Windows ハードウェア デベロッパー センター

 

準備するもの

 ・データ移行元PC

 ・データ移行先PC

 ・作業用PC(WindowsADKをインストールするPC)

 ・USBメモリ等、移行したいデータを保存するメディア

 

では実際に移行してみましょう。

1)【作業用PC】WindowsADKをインストール

(USMTを含めてください。Windows10 ver1607では既定でチェックが付いています)

2)【作業用PC】移行したいディレクトリ等を記載したXML形式のファイルを作成。

 ここでは「USMT.xml」を作成したものとする。

  参考リンク:カスタム XML の例 (Windows)

3)【作業用PC】USMTをインストールすると、データ移行元PCが64bitOSの場合は「C:\Program Files (x86)\Windows Kits\10\Assessment and Deployment Kit\User State Migration Tool\amd64」に移行関係のツールが保存されているので、「amd64」フォルダーごとコピーし、USBメモリに保存。

  また、(2)で作成したUSMT.xmlUSBメモリに保存する。

4)【データ移行元PC】に(3)のUSBメモリを接続

5)【データ移行元PC】コマンドプロンプトを管理者権限で開き、USBメモリの(3)のフォルダーに移動。 

 例)USBメモリを「H:」ドライブとし、(3)でコピーしたフォルダーが「amd64」フォルダーだった場合、以下2行を実行

  H:

  cd H:\amd64

6)【データ移行元PC】以下コマンドを実行

  (USBメモリをH:ドライブ、(2)で作成したファイル「USMT.xml」ふぁるをUSBメモリの直下に保存した場合、/i:の後には"H:\USMT.xml"で(2)でを記載。C:\tempは、scanしたデータの保存先。)

  scanstate.exe /i:"H:\USMT.xml" C:\temp

  ※注意点※

   データの保存先を「C:\」は指定しないこと。結果はSuccessになるが、ファイルは全く保存されない。ここでハマったのは内緒。

7)【データ移行元PC】あとは「Success」になるのを待つ。

 

ここまでがデータ移行元PCで行う作業です。

データ移行先PCで行うことは次回。