読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ufufu diary

ランニングが好きです。Windowsが好きです。

Windows 10(Ver 1511・1607・1703)を展開してみよう!その2(ADKインストール・PE作成編)

miyunyanchan.hatenablog.com

 

では早速1台ずつ手動展開するところから。

 

大まかな流れは以下です。

 【1】Windows ADKのインストール

 【2】Windows PEの作成

 【3】応答ファイルの作成

 【4】マスターPC構築

 【5】DISMによるOSイメージ化

 【6】DISMによるOSイメージ展開

 

準備するもの

 ・作業用PC(WindowsADKをインストールします。Windows10が望ましい)

 ・マスターPC・展開先PC(これは同じもの)

 

では詳細を。

【1】Windows ADKのインストール

 1)【作業用PC】にWindows ADKのインストール

 以下のサイトからWindows ADKをインストールします。

 「Windows ADK」とは、大量展開をする際に使用するツール群です。

 以下のリンク先からダウンロードしてください

Windows ADK のダウンロード - Windows ハードウェア デベロッパー センター

 ※作業用PCのWindows10のVersionに合わせて入手して下さい。

  Ver 1703を使用する場合は、Ver 1703のPCを準備します。

 

 2)インストールします。

 インストールする機能として

 「Deployment Tools」

 「Windows Preinstallation Environment(Windows PE)」

 を含めます。

f:id:miyunyanchan:20170307105839p:plain

 

以上でWindows ADKのインストールは完了です。

 

【2】Windows PEの作成

 【作業用PC】でWindows PEを構築します。

 今回はWindows 10 Version 1703で行います

 (ただ、同じ手順でWindows7相当のPEも、Windows 10 Ver1511、1607相当のPEも作成できました)

 

 1)Windows PEの作成先ディレクトリを決定します。

 今回は「C:\ WinPE_amd64\」としたいと思います。

 

 2)Windows PEの作成

 ①「スタート」→「Windows Kits」→ 「展開及びイメージングツール環境」を右クリックし、管理者として実行します。

 

 ②以下右辺に保存先ディレクトリを指定し、「展開及びイメージングツール環境」に貼り付けます。(これ以降は、コマンドは太字です)

  set workdir=C:\WinPE_amd64

 

 ③以下右辺にADKのインストールディレクトリを指定し、「展開及びイメージングツール環境」に貼り付けます。

 set kitsdir=C:\Program Files (x86)\Windows Kits\10

 

 ④以下3行をコピーし、「展開及びイメージングツール環境」に貼り付けます。

 copype amd64 %workdir%
 dism /mount-image /imagefile:"%workdir%\media\sources\boot.wim" /index:1 /mountdir:"%workdir%\mount"
 dism /image:"%workdir%\mount" /get-intl

※そのままコピーして、メモ帳に張り付けて3行か確認してみてください

 それぞれ、

  1行目:copype~

  2行目:dism~

  3行目:dism~

 で始まります。

 

  ⑤PEにインストールしたいドライバの入っているディレクトリを最後に記載し、以下のように実行します。
 (本例では「E:\Drivers\Windows10」)
 ※インストールしたいドライバーがない場合は不要です

 dism /image:"%workdir%\mount" /Add-Driver /Driver:"E:\Drivers\Windows10"

 

  ⑥日本語を組み込みます(8行です。すべて「dism」で始まります。)

 dism /image:"%workdir%\mount" /add-package /packagepath:"%kitsdir%\Assessment and Deployment Kit\Windows Preinstallation Environment\amd64\WinPE_OCs\ja-jp\lp.cab"
dism /image:"%workdir%\mount" /add-package /packagepath:"%kitsdir%\Assessment and Deployment Kit\Windows Preinstallation Environment\amd64\WinPE_OCs\WinPE-WMI.cab"
dism /image:"%workdir%\mount" /add-package /packagepath:"%kitsdir%\Assessment and Deployment Kit\Windows Preinstallation Environment\amd64\WinPE_OCs\ja-JP\WinPE-WMI_ja-jp.cab"
dism /image:"%workdir%\mount" /add-package /packagepath:"%kitsdir%\Assessment and Deployment Kit\Windows Preinstallation Environment\amd64\WinPE_OCs\WinPE-FontSupport-JA-JP.cab"
dism /image:"%workdir%\mount" /set-allintl:ja-jp
dism /image:"%workdir%\mount" /set-TimeZone:"Tokyo Standard Time"
dism /image:"%workdir%\mount" /set-InputLocale:0411:00000411
dism /image:"%workdir%\mount" /set-LayeredDriver:6

 

 

 ⑦指定した保存ディレクトリ以下の、mountディレクトリに、WindowsPE内で使用したいexeファイルをコピーします。

 インストールしたいファイルがない場合は不要です。

 

 ⑧指定した保存ディレクトリを開いているエクスプローラをすべて閉じます。

 

 ⑨DVDブートまたはUSBメモリブートか決めます。

 ・DVDブートの場合

  アンマウントし、ISOファイルを作成します。(1行です)

  dism /unmount-image /mountdir:"%workdir%\mount" /commit
Makewinpemedia /iso "%workdir%" "%workdir%\winpe50_amd64.iso"

 

 ・USBメモリブートの場合

  USBメモリに直接書き込みます。

  フォーマットされますので、必要なデータは事前に退避してください(1行です)

  dism /unmount-image /mountdir:"%workdir%\mount" /commit
   Makewinpemedia /ufd "%workdir%" USBメモリドライブ

  

 

 ⑩ISOファイルをCD・DVDに書き込みます。

 

 以上でWindowsPEの作成は完了です。

では次は応答ファイルを~作成しましょう~

miyunyanchan.hatenablog.com

 

50台超えたあたりから急にライセンス認証できなくなった!

時々聞かれたりするので、備忘録として。

 

Windowsを展開するときは以下の手順を踏むわけ。

1)VolumeLicense契約

2)VLSC(Volume License Service Center)からインストールしたいOSのISOをダウンロード

Volume Licensing Service Center

3)マスターとなるPCに(2)でダウンロードしたISOをメディアに焼いて、OSインストール

4)ドライバー・APLなどインストールし、sysprep

5)イメージ採取

6)イメージ展開

7)各種設定および、ライセンス認証作業

 

(7)のライセンス認証でプロダクトキーはあっていて、今まではうまく認証できていたのに、急に認証できなくなった場合は、もしかすると、上限に達したからかも。

(特に何も申請しなければ、50台までは認証作業可能。それ以上は申請が必要)

 

もし、上限に達した場合は上限を引き上げてみてね

(ライセンス上問題ないのは確認してください)

 

1)Googleで「VLSC」と検索。

マイクロソフト ボリューム ライセンス -ホームページ - Microsoft」をクリック

f:id:miyunyanchan:20170228132515p:plain

 

2)「既存のお客様」→「VLSCに関するトレーニングとリソース」を開く

f:id:miyunyanchan:20170228132533p:plain

 

3)キャプチャ画面の右下にある、「MAK/KMSキー上限数申請フォーム」をクリック

https://support.microsoft.com/ja-jp/getsupport?oaspworkflow=start_1.0.0.0&wf=0&wfName=capsub&productkey=1997&locale=ja-jp&ccsid=635853939931054145

f:id:miyunyanchan:20170228132625p:plain

 

4)こんな画面が出てきますので、必要事項を入力してください。

※返信までに3営業日かかりますので、必要ならお早めに。

f:id:miyunyanchan:20170228132855p:plain

 

こんな感じです。

 

Windows 10 Ver 1511でWindows Updateをしたら、pingの応答が返ってこなくなった

皆さま、ごきげんいかがお過ごしですか。

昨日ハマったので、備忘録として、記そうと思います。

 

〜今回の問題〜

ユーザーにWindows 10タブレットを納品しました。

納品して起動した時は、確かにpingの応答が返ってきていたし、Windows標準のリモートデスクトップもできていた。

その後、どんなタイミングかは不明だが、

pingの応答返ってこない、でもリモートデスクトップはできる!】

って状況に。

 

〜今回の条件〜

タブレットのOSは、Windows 10 ver 1511で納品しました。

ユーザーが納品後にWindows updateをしました。

そして、Windows 10 ver 1607になりつつあります。(まだ全台ではない)

 

〜原因〜

先に書いちゃうね。

Windowsファイアーウォールの、ある設定が既定値に戻っていた!!!

 

〜詳細〜

Windows updateをして、Windows 10のversionが1511から1607になっているタブレットだけ現象発生してる。

・設定したはずの、Windowsファイアーウォール内「詳細設定」のファイルとプリンターの共有の設定が、既定値になっている

 ※既定値は「無効」

納品前に、「ファイルとプリンターの共有(エコー要求 ICMPv4受信)」を有効にしたのに。。。。。

1607にしたら、無効になっていました。

 

<納品前の設定>

「ファイルとプリンターの共有(エコー要求 ICMPv4受信)」を有効にしたので、チェックがついている

f:id:miyunyanchan:20170207104716p:plain

 

Windows Update後>

Ver1607になったら既定値(=無効)に戻っていた

f:id:miyunyanchan:20170207104841p:plain

 

・ネット上でも、詳細まで書かれていないが、Windows updateして、versionが1511から1607になったマシンで、OSの設定が初期化されたという事例が。。。

 

〜回避策〜

このままでは支障がでるので、回避策を。

*1月26日に公開されたモジュールを当ててみるか?!

(一部の設定が初期化される不具合の改善 を含むらしい)

https://support.microsoft.com/ja-jp/help/4011347/windows-10-update-kb3216755

>RTM から 1511 または 1607 にアップグレード後に Windows ファイアウォールのルールが失われる問題を修正しました。

 

*グループポリシーで強制的に設定してしまうか!?

グループポリシーの設定をしておくと、1511から、1607になっても、pingの応答が返ってこないということは発生しませんでした。

設定箇所:

「gpedit.msc」でグループポリシーを開く

 →コンピューターの構成

 →管理用テンプレート

 →ネットワーク

 →ネットワーク接続

 →Windowsファイアーウォール内

 「ドメインプロファイル」「標準プロファイル」それぞれで、

 「ICMPの例外を許可する」を「有効」にした上で、

 「着信エコー要求を許可する」にチェックすることで、回避できました。

 

イベントログ見て、実機で確認して〜、回避策〜、っと何時間かかかってしまいました^_^

ので、備忘録ということで。

 

 

良い1日をお過ごしください☆

RDS・ライセンスサーバーのアクティブ化(Windows Server 2012 R2 Ver)

Windows Server 2012 R2でRemote Desktop Serverを構築しなくてはいけなくなった。

サーバーの構築の途中で「ライセンスサーバーのアクティブ化」を行わなくてはいけない。

その時の様子をキャプチャしたのでそのまま・・・掲載しましょう。

 

1)サーバーマネージャーの右上のツールから「Terminal Service」を選ぶ

(この中にメニューが2つありますので、どちらを選ぶかは後程)

f:id:miyunyanchan:20170117124253p:plain

 

2)サーバーのアクティブ化ウィザード開始。

f:id:miyunyanchan:20170117124301p:plain

 

3)氏名・国・会社名を聞かれるので、入力し、次へ

f:id:miyunyanchan:20170117124326p:plain

 

4)Microsoftに接続する方法を聞かれるので、今回はインターネット経由で。

※ちなみに、電話認証を選んだ場合、この後の聞かれる情報は同じ。

入力するか、電話で伝えるかの違いだけです。

(2台構築しなくてはいけなかったので、1台は電話でやってみた)

f:id:miyunyanchan:20170117124308p:plain

 

5)会社についての情報を入力し、次へ

f:id:miyunyanchan:20170117124338p:plain

 

6)問題なくアクティブ化されました。

「ライセンスのインストールウィザードを開始する」にチェックを入れて次へ

f:id:miyunyanchan:20170117124352p:plain

 

7)ライセンスのインストールウィザードを開始します。

f:id:miyunyanchan:20170117124405p:plain

 

8)どこでライセンスを購入したか選択しましょう

f:id:miyunyanchan:20170117124416p:plain

 

10)枠内にライセンスコードを入れ、「追加」をし、次へ進む

f:id:miyunyanchan:20170117124429p:plain

 

11)問題なく完了しました。

これで、50ユーザーがアクセス可能になります。

f:id:miyunyanchan:20170117124437p:plain

 

以上です。

RDSサーバーの構築について、あまり情報がなかったような?

結局、Microsoftから出ているホワイトペーパーを参考にしました。

内容をまとめ次第、その時のことはupしましょうかねえ。

2016〜2017のマラソン結果

2016秋〜2017夏でマラソンに何レースか出ましたので、感想含めて備忘録として。

 
まず。
 
お忙しい中、ランナーをご支援いただく関係者の皆様、ボランティアの皆様、沿道で声援をいただく皆様、とても感謝しています。
ありがとうございます!
 
 
大阪マラソン(2016年10月30日)
 
 記録→
    4時間20分位。
 
感想→
    体調不良からの回復途中で辛かった。
    体調管理の大切さを感じた。
    大会の感想としては、スタート地点が大阪城公園なのですが、更衣室と荷物の預け入れと、スタート地点がとても離れていた。
地図もあまりなく、聞いても分かりそうな人はあまりいなく、初めて来たので位置関係もわからず、更衣室に行くまでにとても時間がかかった。そこから着替えて、荷物を預けて〜スタート地点へ〜っと、スタート地点に行くまでに迷ってかなりの距離を走りました(かなりの余裕を持って着く予定が、ギリギリになりそうだったので、走らざるを得なかった)
もし出るなら次回は着替えて行こうと思います。
みんなわかったんかな??
というよりは、道端で着替えてる人を多数見かけた。
沿道の応援が、大阪ならではで、走ってる時は楽しかった。
また走りたいなと思った率60%。
 
 
さいたま国際マラソン(2016年11月13日)
 
記録→
    4時間5分くらい
 
感想→
    個人的には大満足。
    走りたい場所を走れたというのが良かったな。
地域密着で、応援が多かった。
Jリーグのユニフォームを着て走っている方も多く、沿道からはそれぞれの応援歌も聞こえ、更に楽しかった。
タイムに関しては、4時間を切りたかったので、来年も開催されるなら、来年こそは4時間切りたい。
また走りたいなと思った率100%。
 
 
那覇マラソン(2016年12月5日)
 
記録→
   4時間45分くらい
 
感想→
   暑かった!!!ひたすら暑かった!!!
   高低差が辛かった!!!100mよ!!!
暑さ対策してなかった!!!
高低差が頭になかった!!!
でも!沿道の応援にとても励まされ、完走できました。とても感謝しています。
沿道の方々が、氷やら、アイスやら、みかんやら、黒砂糖やら、塩やら、おにぎりやら、ソーキそばやら。。。
本当にお世話になりました。
しっかり練習して、来年に備えようと思います。
でもホノルルマラソンも出たいな。
また走りたいなと思った率35%(低くてごめんなさい)
 
 
☆ハイテクハーフマラソン(2017年1月8日)
 
記録→
 1時間47分くらい
 
感想→
 寒かった・・・
 練習不足で、5分ペースで15キロくらいまで行けたけど、その先ガクンと落ちた・・・
 来年はどうしようかな・・・
 
☆みさとシティハーフマラソン(2017年2月5日)
 
記録→
   1時間42分くらい
 
感想→
   なんと、パーソナルベスト!いつも怖くて突っ込めなかったのだけど、気持ち切り替えて、走りました!
よかった!1km5分切り!
目指すは1時間40分切り。
5月に出すのを目標にしたいと思います。
高低差無く、更衣室とスタート地点が近くてわかりやすく、また出たいと思います♪
 
 
青梅マラソン(2017年2月19日)
 
記録→
    2時間40分くらい
 
感想→
    線路沿いを走るし、平坦だと思い込んでいた私。
整骨院の先生に「高低差キツイらしいね〜」とのお言葉をいただく。
え!!???
本当だ。
85m程度を上って、折り返して下る、というコースでした。
まるで那覇マラソンのよう。
あまり意識しなかったのだけど、折り返して少し経った辺りでペースが遅くなる。
ここが噂の軍畑の坂かぁ♪とね。
辛かった。
でもね、30kmって短い!
と感じたレースでした。また出ようかな。あくまでフルマラソンの調整としてね。
完走した後のおにぎりとヴァームがほっこりしました。
朝がゆっくり(11時半スタート)なので、余裕を持って9時50分に河辺駅へ行き、無事に間に合いました。
 
 ☆名古屋ウィメンズマラソン(2017年3月11日)
 
記録→
 3時間45分
 
感想→
 個人的に、こちらを目標にしてまいりましたので、別に記事にしました。
 練習は嘘をつきません。ってのを実感しました。
 また来年も走りたい。
 
 
☆吉川なまずマラソン(2017年4月2日)
 
記録→
 1時間43分
 
感想→
 名古屋で気が抜けてしまっていたのですが意外と速かった。ふぅ。
 来年も出るか・・・まだわからん。気が向いたら。
 ほぼ平坦で走りやすいよ~(^^♪
 

 ☆白根ハーフマラソン(2017年5月14日)

記録→
     1時間57分

感想→
    あつかったぁぁぁぁあぁあ!
    あらら!なんというタイム。
    とりあえず2時間切れてよかった。
    今シーズンの締めくくりは暑さとの勝負!
    ほぼ田んぼの中、影もなく、ひたすら走る。
    練習をサボっていたのもあり、5km辺りで気持ちが切れる*1..zzzZZ
    いやん。
    半分超えた辺りから、給水で止まって水を飲み、少し歩く。を繰り返す。
    暑いなんて言い訳よ!
    やっぱりメンタル弱いわよね〜
    そもそもこの大会に出たのは、陸連登録してからの、初!公認大会だったからです。
    せっかく、正式記録だったのに、散々でした。
    地元の方が、畑仕事しながら応援してくれて、元気になりました。本当にありがとうございます。
    走り終わった後のきのこ汁美味しかったなぁ。
    来年はどうしようかな。




では。
また秋から、来シーズンから頑張ります。

   

*1: _ _

USMTのカスタムXMLファイルについて(Windows10 Ver1607版)

USMTで特定のディレクトリのデータを移行する際、カスタムのXMLファイルを作成するのだけど、Windows10 Ver1607で、以下のリンク先のとおりにXMLファイルを記載すると失敗しますので注意。

カスタムXMLファイルの例:カスタム XML の例 (Windows)

 

リンク先だと、「%CSIDL_MYVIDEO%」という記載があるが、Windows10 Ver1607だと「%CSIDL_MYVIDEO%」は環境変数として既定で登録されていない。

なので、移行元PCのディレクトリを直接移行するか、%userprofile%\videos を指定してみるか。

※ フォルダパスは、xml ファイルに指定する前に、実施端末のエクスプローラで入力して、ビデオフォルダが表示されることを確認してみよう。

(例)

< condition>MigXmlHelper.DoesObjectExist("File","%userprofile%\videos")</condition>


< pattern type="File">%userprofile%\videos\* [*]</pattern>

USMTによるデータ移行(Windows10 Ver1607編)

今回はUSMT10.0(User State Migration Tool)によるユーザーデータの移行についての備忘録。

 

USMTはWindows10用のWindows ADKWindows アセスメント & デプロイメント キット)に含まれる、ユーザープロファイルの移行ができるツールです。

WindowsADKのダウンロード:

Windows ADK のダウンロード - Windows ハードウェア デベロッパー センター

 

準備するもの

 ・データ移行元PC

 ・データ移行先PC

 ・作業用PC(WindowsADKをインストールするPC)

 ・USBメモリ等、移行したいデータを保存するメディア

 

では実際に移行してみましょう。

1)【作業用PC】WindowsADKをインストール

(USMTを含めてください。Windows10 ver1607では既定でチェックが付いています)

2)【作業用PC】移行したいディレクトリ等を記載したXML形式のファイルを作成。

 ここでは「USMT.xml」を作成したものとする。

  参考リンク:カスタム XML の例 (Windows)

3)【作業用PC】USMTをインストールすると、データ移行元PCが64bitOSの場合は「C:\Program Files (x86)\Windows Kits\10\Assessment and Deployment Kit\User State Migration Tool\amd64」に移行関係のツールが保存されているので、「amd64」フォルダーごとコピーし、USBメモリに保存。

  また、(2)で作成したUSMT.xmlUSBメモリに保存する。

4)【データ移行元PC】に(3)のUSBメモリを接続

5)【データ移行元PC】コマンドプロンプトを管理者権限で開き、USBメモリの(3)のフォルダーに移動。 

 例)USBメモリを「H:」ドライブとし、(3)でコピーしたフォルダーが「amd64」フォルダーだった場合、以下2行を実行

  H:

  cd H:\amd64

6)【データ移行元PC】以下コマンドを実行

  (USBメモリをH:ドライブ、(2)で作成したファイル「USMT.xml」ふぁるをUSBメモリの直下に保存した場合、/i:の後には"H:\USMT.xml"で(2)でを記載。C:\tempは、scanしたデータの保存先。)

  scanstate.exe /i:"H:\USMT.xml" C:\temp

  ※注意点※

   データの保存先を「C:\」は指定しないこと。結果はSuccessになるが、ファイルは全く保存されない。ここでハマったのは内緒。

7)【データ移行元PC】あとは「Success」になるのを待つ。

 

ここまでがデータ移行元PCで行う作業です。

データ移行先PCで行うことは次回。